各施設紹介

ページの先頭へ

知的障害者生活介護施設 世田谷区立駒沢生活実習所

image
施設長
木村 文孝
住所
東京都世田谷区弦巻2−1−5
TEL
03-5430-6311
FAX
03-5430-6314
E-mail
m.coma1.215@coda.ocn.ne.jp
ホームページ
http://care-net.biz/13/komajitu-dream/
 世田谷区立駒沢生活実習所は、平成5年4月に世田谷区の設置により開所し、平成15年4月より社会福祉法人武蔵野会が委託を受け公設民営施設として再スタートしました。法人理念のもと、法人内の各施設と連携し、柔軟な民間運営の特性を十分に提示していきたいと考えています。そのためには、利用者一人ひとりの個性を尊重し、できる限り自分で判断し、選択できる活動内容を提供し、より豊かな生活の向上を目指し、行事や広報誌の発行、ボランティア受け入れなど、地域との連携をとりながら、地域の中で開かれた施設運営を目指しています。

※ 周辺地図はこちらをクリックしてください。

ページの先頭へ

施設概要

設置目的
障害の重い障害者に対して、その人権を守ると共に、心身の発達を促進し、社会生活能力を向上するために必要な支援を行うことにより、日々の生活の充実及び社会的自立の助長を図ります。
基本理念

「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」という社会福祉法人武蔵野会の精神を基本理念とし、世田谷区立の施設としての自覚と役割を基本としています。

設立年月日
平成5年4月1日
設置主体
世田谷区
運営主体
社会福祉法人武蔵野会
土地の状況
敷地面積 1,495.6m2
建物状況
鉄筋コンクリート2階建て、屋上プール
延床面積 1,185.65m2

ページの先頭へ

支援方針

法人理念を基本に、障害者総合福祉法を遵守し、常に介護を必要とする利用者に、身の回りの支援を行うとともに、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
また、行動上の障害にのみ着目した支援ではなく、一人ひとりのニーズを的確に把握し、個性に応じたサービスの提供をします。

ページの先頭へ

施設サービス支援の内容

日常生活活動

障害や行動の特性を考慮した4班体制(基礎集団:1グループ〜4グループ)で活動しています。

ねらい
基本的な生活習慣を身につける支援を行います。
様々なかつ活動に参加し、社会経験を拡大します。
仲間との生活を楽しみ、同時に家庭や地域での安定した生活をめざします
image<おもな活動内容>

《グループ活動》
主軸の活動で、各グループにより、散策、室内活動、個別活動を行っています。
《運動活動》
全身運動やストレッチ、個々の能力に応じた活動をホールで行っています。
《音楽活動》
様々な楽器やピアノの音楽にのり、情緒を和らげ、音感を感じ音楽を皆で共有しながら感性を広げる。
《調理活動(レッツ・クッキング)》
グループで調理を行いながら料理の楽しみを経験します。
《1日外出》
グループでバスや公共機関を利用しながら、外出経験をします。

生産班活動

image利用者の適正や体力を考慮した班を編制し、生産活動を行う。

ねらい
作る喜びを実感し、自信をもって作業に取り組む。
集中力や協調性を育て、自分の仕事に責任を持つ。

クラブ活動

image運動クラブ
さんぽクラブ
アートクラブ
オーディオ・ヴィジュアルクラブ
カラオケクラブ

広報紙「さんぽ道」の発行(年4回)

ページの先頭へ