各施設紹介

ページの先頭へ

知的障害者就労継続支援・就労移行支援施設 練馬区立北町福祉作業所
 

image
施設長
村山 俊彦
住所
〒179-0081 東京都練馬区北町8-2-12
TEL
03-3559-0361
 フリーダイヤル 
 0120-2939-15(福作(ふくさく)いこ〜!)
FAX
03-3559-0362
E-mail
musashinokai@kitamachi.net
ホームページ
http://care-net.biz/13/kitamachi/
 練馬区立北町福祉作業所は、「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」という社会福祉法人武蔵野会の基本理念を基調にして、知的障がいあるいは身体障がいがあるために、一般企業で働くことの難しい方に、働く場と仕事を提供し、仕事(作業)および生活面での支援を通して、自立と社会参加を図ることをめざしています。
 当法人が同じ練馬区において経営している練馬福祉園、生活支援センターすてっぷ、練馬区立大泉町福祉園とも連携し、法人としての実績やネットワークを活かした取り組みにより、練馬区における障がい福祉・地域福祉の向上に努めます。
 また、就労支援事業の拡充のため、法人内就労支援施設と提携し、作業受注の安定や自主生産事業の拡大、利用者の所得保障面の改善をめざします。
 私たちは、練馬区民の誰でもが、いつでも気軽に相談でき、迅速で、タイムリーな支援を、障害のある当事者の方々の立場に立って親切に提供し、共生社会(ともに生きられる)の実現をめざしています。法人内外の事業所と連携し、点から線へ、線から面へと、利用者支援ネットワークの拡大と質的向上を図っていきます。

ページの先頭へ

施設概要

設置目的
障害者総合支援法の趣旨に則し、練馬区障害者自立支援施設条例に準拠して運営されています。
昭和58年10月、練馬区心身障害者福祉作業所として開設。
平成18年4月には、知的障害者通所授産施設として東京都より認可を受けるとともに、社会福祉法人武蔵野会が練馬区の指定管理者として事業所の運営を受託し、再スタートを切りました。
設立年月日・沿革
昭和58年10月 練馬区立の法外施設として開設(定員40人)
平成2年4月〜平成5年3月 在宅解消のための暫定定員設定(43〜51人)
平成13年4月 定員47人に増員
平成18年4月 運営受託開始、併せて知的障害者福祉法上の知的障害者通所授産施設として法内化、
        給食サービス開始
平成19年3月 第1回北町きらきら亭(公開文化講座)を開催 
平成19年4月 練馬区障害者就労促進協会(レインボーワーク)と連携し、職業訓練生受入れ開始 
平成19年8月 利用者自治会と協働しペットボトルキャップの回収を開始
平成19年9月 練馬区障害者就労促進協会の新規授産種目開発助成金を受け設備補充 
平成20年4月 土曜日の利用者受け入れ(土曜日事業=きらきらサタデー)を開始
平成20年4月 理学療法士(PT)の定期来所開始
平成20年9月 きたまち工房 トゥインクル(菓子製造)をオープン 
平成20年10月 開設25周年を記念した作業所まつり2008開催
平成21年1月 エレベータ入れ替え工事施工
平成21年4月 授産施設から、障害者自立支援法上の就労継続支援B型事業に移行
平成23年4月 就労移行支援施設出張所開設 
設置主体
練馬区
運営主体
社会福祉法人武蔵野会
土地の状況
敷地面積 1,827.99m2
建物状況
鉄筋コンクリート2階建ての2階部分(1階は、練馬区保健所北保健相談所)

ページの先頭へ

事業内容

事業方針

image「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」という社会福祉法人武蔵野会の基本理念に基づき、心身に障がいのある利用者の人権を守るとともに、利用者がその個性や能力を十分に発揮して日々の働く喜びや生きがいを見出し、広く社会参加を図っていけるよう、きめ細かな支援を行います。
 施設運営にあたっては、とくに次の3点を大切にします。

人権の尊重…利用者の人格や意志、生活史を尊重し、個人の尊厳を守りながら、一人ひとりの利用者のニーズに合わせて作成した個別支援計画に基づいて支援します。

主体性の尊重…利用者支援にあたっては、利用者の意見を十分に聞き、意向が反映されるように努めます。また、自治会運営のサポート等本人活動支援も重視します。

地域に開かれた施設…利用者の地域での自立生活の推進をサポートし、地域に根ざした施設運営をめざして積極的に地域との交流を図ります

支援内容

image 施設内におけるホスピタリティを向上させることにより、利用者一人ひとりの安心・安全・満足の確保を目指すほか、作業支援・就労支援・生活支援等の諸活動を通じた成功体験を重ねることで利用者の自信の形成とエンパワメントを図ります。
 利用者支援の3つの柱として、(1)仕事(作業・就労支援)の充実を目指すこと、(2)社会性を高めること、(3)からだとこころの健康の維持向上、を設定し、作業所内外でのいろいろな仕事に取り組み、利用者の社会参加支援や、嘱託医・PTと連携した心身の健康増進のための活動にも重点をおきます。 

 (作業内容)
  受注作業(雑誌の付録製作、ダイレクトメール封入・発送代行、菓子箱製作など)
  公園清掃(アパート・マンション清掃)
  配食サービス
  近隣地域へのポスティング
  「きたまち工房 トゥインクル」の菓子製造
    適正や希望を考慮し作業内容を決定します。 

 (就労移行支援)
 練馬区障害者就労促進協会(レインボーワーク)やハローワーク池袋、区内関連事業所と連携し、就労支援も重点を置いています。利用者の要望・ニーズに応じた就労支援・実習派遣のほか、定員外の短期就労訓練の受け入れも行います。

 (給食)
 毎日、栄養士が旬の食材や利用者の希望に応じたオリジナルメニューに基づいて、施設内厨房で調理した給食を提供しています。個々の身体特性や栄養状況に応じた個別配慮も可能です。

 (余暇活動)
 クラブ活動 
 グループ外出
 調理活動
 夏季特別レク
 一泊旅行
 作業所まつり
 年忘れ会
 新年会(成人を祝う会)
 もちつき会、練馬区障害者通所施設合同運動会
 区立四作業所交流会
 地域公開講座
 北町きらきら亭(公開文化講座)
 月1回の土曜日事業(きらきらサタデー)

 利用者自治会(北町サンシャインの会)の運営支援および相互連携により、当作業所を利用者主体に運営していきます。

施設見学・ボランティア受け入れ

image施設見学は、月〜金曜日、9時〜15時30分で随時可能です。予めご連絡いただいた上で、お越しください。
特別支援学校等からの職場実習、福祉系大学・専門学校等からの実習は、随時受け付けています。ご要望は、お電話・ファクス・メール等でお気軽にお申し出ください。
ボランティアについても、希望される方のご都合とご要望に合わせて、随時受け入れを行っています。
(1)作業ボランティア(月〜金曜日の9時〜15時30分の間で可能な時間帯)
(2)行事ボランティア
(3)クラブ活動やグループ外出等のボランティア
 
施設利用者・職員一同、みなさまのご連絡とご来訪を心よりお待ちしております!

ページの先頭へ