各施設紹介

ページの先頭へ

知的障害者生活介護施設 八王子生活実習所

image
施設長
安田 喜人
住所
〒193-0931 東京都八王子市台町1-24-7
TEL
042-623-1630
FAX
042-624-7682
E-mail
hachi1247b@comet.ocn.ne.jp
ホームページ
http://www.hachiouji-seikatsu.com/
八王子生活実習所は社会福祉法人武蔵野会が運営する知的障害者の生活介護事業を行う通所施設です。
昨年度に続き「安心・安全・満足」をキーワードに、利用者を受容し、相対して深く共感し、同調し、共感によって感情を振幅させ、利用者と支援者の間に「安心と安全」の感覚を培い、一人の支援者から複数の支援者、仲間へと共感の波を広げ、八王子生活実習所が真に「居心地の良い安心できる場所」となるようにサービスを提供していきます。
また利用者の個別支援を行うにあたっては、出来る限り自分の意志で選択できる活動を提供し、より主体性を発揮できる日中活動を目指します。
平成26年3月に障害者福祉支援法に基づく、相談支援事業所「もなか」を開設しました。利用者の願いや夢に寄り添いながら、サービス等利用計画や児童支援利用計画を作成していきます。

ページの先頭へ

施設概要

設置目的
障害程度の重い心身障害者に対して、その心身の発達を促進し、社会生活能力を開発するために必要な援助を行うことにより、その日々の充実及び社会的自立を図ることを目的としています。
基本理念
社会福祉法人武蔵野会の理念「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」に基づき、心身に障害のある利用者の人権を守ると共に、利用者がその個性や能力を十分に発揮して日々の生きがいを見出し、広く社会参加を図っていけるようなきめ細かな支援を実践していきます。
設立年月日
昭和63年4月1日
設置主体
東京都
運営主体
社会福祉法人武蔵野会
土地の状況
敷地面積 3,579m2
建物状況
鉄筋コンクリート2階建て(屋上有り)

ページの先頭へ

支援方針

image1.理念の実現
「自分を愛するように汝の隣人を愛せよ」の基本理念を遵守し、利用者の基本的人権を尊重し、対等な立場で利用者の幸せを願う生活の支援をより高い水準で行っていきます。

2.基本姿勢の遵守
利用者に安心してもらえるよう、生活支援の基本的スキルとしてコミュニケーションスキルを重視し、より豊かなコミュニケーションを実現します。

3.安心・安全・満足による支援の実践
「安心・安全」が保障され、生活の「満足感」が得られるような質の高い、生活支援技術の向上と環境整備を目指していきます。

4.弛まぬ業務改善
支援する支援者と環境を利用者にとってより良い状態に変えていくことを目指します。支援の方法を常に内省的に振り返り、より利用者に適した支援実践を目指します。

5.基本的な生活環境の改善
心身の障害特性を考慮し、危険に配慮した安全で、居心地の良い、清潔な環境を作っていきます。特に今年度は重度重複障害者の利用する生活環境を重点整備を重点整備していきます。

施設サービス支援の内容

日常生活活動

image障障害や行動の特性を考慮した4班体制(基礎集団:海と渚、宙、風、星)で活動しています。

ねらい
基本的な生活習慣を身につける支援を行います。 様々な活動に参加し、社会経験を拡大します。 仲間との生活を楽しみ、同時に家庭や地域での安定した生活をめざします。  
<おもな活動内容>
<<ホームルーム>>
各グループにより、散策、室内活動、個別活動を行っています。
<<運動活動>>
専任の運動指導員により、全身運動やストレッチ、個々の能力に応じた活動をホールや園庭で行っています。
<<音楽活動>>
様々な楽器やピアノの音楽にのり、情緒を和らげ、音感を感じ音楽を皆で共有しながら感性を広げていきます。
<<機能訓練>>
利用者の身体状況に応じて残存能力維持・伸長を目指し、理学療法士の指導により訓練プログラムを作成し、実施しています。
<<作業>>
今年度の作業種目は、紙工芸、陶芸、染色、織物、紙漉などを行っています。また、利用者の希望や実態を充分把握し、必要に応じて通所授産施設などと連携を行い他施設実習の取り組みを検討します。
<<園芸活動>>
NPO法人日本園芸療法研修会より専任の講師の方を招き、障害の程度を問わず、その人にあった方法で、野菜や花の栽培、育成、収穫を室内外で行っています。
<<アロマテラピー>>
専任の講師の方を招き、オイルマッサージやアロマ香油のにおいを嗅いだりと、リラックスできる活動を行っています。
<<調理>>
利用者ニーズに応じて調理の機会を定期的に設けています。調理内容は、カロリーなどを考慮した、利用者が手軽に楽しめる内容です。
<<外出>>
利用者の希望を考慮しながら、グループまたは個別で、生活域の拡大、社会的スキルの習得などの目的に応じ、喫茶外出、プール外出、車外出、個別外出などを行っています。また、希望をとり、利用者の親睦と体験の拡大を深めるため、小グループ体制で、年1回一泊旅行を実施しています。
<<利用者送迎>>
八王子生活実習所は施設車輌によるご自宅への個別送迎を基本としています。送迎ルートや送迎時間は利用者の希望を考慮して調整をしています。また、希望で自主通所をされている人もいます。

広報誌月刊「かがやき」の発行(毎月1回)

ページの先頭へ